ブログトップ

woof の う・ふ・ふ

gwoof.exblog.jp

タグ:アート ( 52 ) タグの人気記事

クレイアートKAZU教室展・初日

粘土の花と人形
10月25日(火)〜29日(土)
10:00〜17:00
a0154112_10042344.jpg


a0154112_09592315.jpg

販売も有ります。
a0154112_09592415.jpg


[PR]
by g-woof | 2016-10-25 09:54 | 展示案内

クレイアートKAZU教室展

粘土の花と人形
10月25日(火)〜10月29日(土)
10:00〜17:00
a0154112_16421551.jpg

樹脂粘土・軽量粘土で四季の花や小さな人形など、日頃教室の中で仕上げた作品を展示します。
花のミニアレンジなどの販売もします。
*27日は骨董の常設展示もあります。
[PR]
by g-woof | 2016-10-17 16:27 | 展示案内

梶浦百展 -桃の交差点- 終了しました

8月9日で会期無事終了しました。
暑い中、ご高覧頂き、誠にありがとうございました。熱心に作品を見てくださった方、素敵な感想をお話くださった方、たくさんの嬉しい出会いががありました。深く感謝いたします。

少し長い夏休みを頂き、9月3日(木)から、恒例の「古美術あさ香の骨董市」となります。詳細は後ほどお知らせ致します。お楽しみに!
[PR]
by g-woof | 2015-08-10 18:34 | 展示案内

梶浦百展 -桃の交差点- 二人の作家

8月9日まで 11:00〜18:00
展示も折り返しです。
[梶浦百]は、染付磁器の鈴木修司(百木根)さんと鋳金作家の梶浦聖子さんのコラボレーション名。
ギャラリーううふでの梶浦聖子さんの作品展をきっかけに始まった二人の共同制作。一年にも満たない制作ですが、次々と新しい作品が生まれています。今回の展示は二人の共同作品を中心に、それぞれの作品が交ざり合う空間となっています。眺める程に優しく、温かさを感じる二人の作品、どうぞお楽しみください。
↓梶浦百の匣。奥はDM机上花器。
a0154112_1518228.jpg

↓梶浦聖子さんの彫刻作品「犠牲祭」
a0154112_15182321.jpg

↓鈴木修司さんの染錦の角皿、カフェオレボール、額絵
a0154112_15352136.jpg

[PR]
by g-woof | 2015-08-04 15:13 | 展示案内

梶浦百展 -桃の交差点- 開催中

8月9日まで 11:00〜18:00 (月休)
『梶浦百』は二人の作家のコラボレーション名。香炉から始まった染付磁器の鈴木修司さんと鋳金作家の梶浦聖子さんの共作は、次々とアイテムを増やし、楽しい作品が並んでいます。
昨日、梶浦聖子さん在廊中に親子でチョキチョキ。ガラスの上部に涼しげな紙の造形がプラスされました。猛暑が続きますが、陶と鋳物の優しい空間がお待ちしています。異素材のコラボレーションをお楽しみください。
東武東上線鶴ヶ島駅東口徒歩1分。入り口のポスターが目印です。
a0154112_13191637.jpg

a0154112_12575140.jpg

a0154112_12575022.jpg

[PR]
by g-woof | 2015-08-02 12:46 | 展示案内

梶浦百展 桃の交差点 初日

8月9日まで 11:00〜18:00 月休み
本日初日です。
鈴木修司さん(染付磁器)と梶浦聖子さん(鋳金)の共作を中心に、個々の新作も入り、ギャラリー内に陶と鋳金の新しい空間が生まれました。お楽しみください。
a0154112_10114721.jpg

[PR]
by g-woof | 2015-07-31 10:05 | 展示案内

ナカムラマコトの世界 -燕尾色の軌跡-

26日まで。11:00〜18:00(最終日17:00)
残すところ2日間です。ナカムラマコトさんの魅力溢れる展示です。見所満載です。暑いですが、是非!
↓ギャラリー内を乾漆の燕が飛び交うアート空間。
a0154112_11352693.jpg

↓マコトさんの創作の面白いところは瓢箪や椰子などを利用した漆作品。自然の造形の愛らしさを感じます。
a0154112_1144750.jpg

[PR]
by g-woof | 2015-07-25 11:02 | 展示案内

梶浦百展 -桃の交差点-

7月31日(金)〜8月9日(日)まで11:00〜18:00 月休み
空を見上げ、風の音、鳥の囁きに耳を傾けながら、自由に心を遊ばせている梶浦聖子さんと、
受け継がれてきた懐かしい想いを、大切に愛おしく描きながら、心惹かれる新たな挑戦を求め放浪する鈴木修司さんが、
桃の交差点で、
出会い、向き合い、響き合い、交錯する想いから、新しい創作が生まれました。
陶と鋳金の作品展です。
共同作品を中心に、それぞれの新作も並びます。どうぞお楽しみください。
a0154112_11535895.jpg

[PR]
by g-woof | 2015-07-22 11:45 | 展示案内

ナカムラマコトの世界 -燕尾色の軌跡-

26日まで 11:00〜18:00(最終日17:00)
昨日はイベント”中央アジアの音楽を楽しむ夕べ”ちゃるぱーさのお二人と佐々木翔太郎さんの、中央アジアの民族楽器の、素朴で美しい音色と優しい声がギャラリー内に響き渡りました。ナカムラマコトさんがウズベキスタンで制作した民族楽器の音も奏でていただきました。貴重な演奏会、参加していただいた皆様、奏者の方々に深く感謝いたします。
さて、26日まで展示は続きます。漆の仕事から繋がる創作。様々な姿でギャラリー内を飛ぶ美しいフォルムのつばめ、羊のオブジェ、椀や皿、花入など実用品としても使用出来るアートな漆作品。修復の仕事、民族楽器の設計図の青焼きと展示。それぞれが繋がる出来事の文章で紹介されています。魅力的な展示です。この機会にご高覧いただければ幸いです。
a0154112_12522876.jpg

a0154112_12522737.jpg

[PR]
by g-woof | 2015-07-21 11:48 | 展示案内

ナカムラマコトの世界 -燕尾色の軌跡- 修復の仕事

開催中です。11:00〜18:00(最終日17:00)26日まで。
様々な仕事に取り組むナカムラマコトさん。漆の仕事の一つとして、金繕いの仕事もご紹介しています。「繕いは仕上げの金に注目が集まるけれど、本当は土台の漆の仕事がとても大切で、そこが上手く言った時の嬉しさを知ってもらいたい」とのマコトさんの言葉から、会期中(19、26日2回続き)に漆で継ぐ体験のワークショップをやります。地味な作業のように思われますが、ナカムラマコトさんの深い知識は、本当に貴重で、作業を進めながら、関係するいろいろな講話も聞けます。まだ間に合います興味のある方、是非!お申し込みはメールか、Facebookのメッセージか、お電話で。
a0154112_1105217.jpg

↑伊良原満美さんとの共著の本の表紙に使われている作品(共同修復)も展示しています。
[PR]
by g-woof | 2015-07-18 10:46 | 展示案内