ブログトップ

woof の う・ふ・ふ

gwoof.exblog.jp

カテゴリ:展示案内( 270 )

長谷川聡 作陶展 初日

本日初日です!
「ううふ」店内に長谷川さんの作品が並びました。
今回の展示に向けて短い間に五回も窯炊きをしたとのこと。
まずはご紹介します!ぜひ、「ううふ」までおいでくださいませ!
a0154112_13263738.jpg

庭のお花を入れた花入れ、日常使いの食器など
a0154112_1327648.jpg
a0154112_13272747.jpg

器と一緒に作家の長谷川さんです。会期中、毎日「ううふ」でお待ちしています。
[PR]
by g-woof | 2010-03-30 13:40 | 展示案内

長谷川 聡 作陶展 準備

いよいよ明日から長谷川さんの展示が始まります!
長谷川さんから工房での制作の様子が届きましたので写真アップします!
窯炊きの迫力ある様子!完成までのプロセスが感じられ、わくわくしますね!今日の夕方搬入です!明日のオープンを楽しみにお待ち下さいませ!
a0154112_10255041.jpg
a0154112_10262229.jpg
a0154112_10264668.jpg

[PR]
by g-woof | 2010-03-29 10:30 | 展示案内

陶芸家 長谷川聡さん 3

長谷川さんの作陶展まであと一週間です。
長谷川さんの代表的な作品「掻き落とし」と新作「山肌」をご紹介します。

まずは前回に引き続き「掻き落とし」です。
その制作手順をご紹介すると、成形後化粧土をかぶせ乾燥させます。その後、模様を刀で彫っていきます。大変な手間と時間のかかる方法で、化粧土を刀で掻いて落とすことから掻き落しと呼ばれます。今回も大きな作品から身近な食器類までいろいろな「掻き落とし」作品が展示される予定です。そして模様のモチーフは「鳥」「魚」「鹿」で、それぞれ(空)、(海)、(地)を表したもので、作品の中で立体的に物語のように表現されます。懐かしく新しい、長谷川さんの目指す普遍的な世界を感じます。
「掻き落とし」の大皿と壷、そして茶碗の底からと横からの写真です。大皿は底の面も表と同じように柄が施されています。また、日常使いの食器類は主に外側部分に模様が彫られています。
a0154112_13142744.jpg

a0154112_12341425.jpg

「山肌」は最近取り組みはじめた作品です。色目も触感も柔らで優しく、まさに遠くから眺めた山の雄大さと優しさを感じさせます。写真はその山肌の湯呑みです。
その他ひとつひとつ偶然の醸し出す異なる表情が楽しい「茜空」等も出品予定です。
a0154112_1258171.jpg

[PR]
by g-woof | 2010-03-23 13:04 | 展示案内

陶芸家 長谷川聡 さん 2

3月30日からの展示が近づいて来た長谷川さんから近況連絡が入りました。
前回のブログでもご紹介した「掻き落とし」作品の工房での制作中の写真も届きました。個展用の作品の現在の進行状況は、成形、掻き落しが終わり、素焼き、本焼きの作業に入るとのことです。新たな形の作品が出来ている様子!焼きの作業でますます深い味わいが出てくるのではないでしょうか!出来上がりが待ち遠しいです。どうぞ楽しみにお待ち下さい!
a0154112_22195491.jpg

[PR]
by g-woof | 2010-03-18 22:20 | 展示案内

陶芸家 長谷川聡 さん

いよいよ3月30日〜4月4日までの日程で「長谷川聡作陶展」が始まります。
そこで、長谷川さんのこと、いろいろな角度からお伝えしていこうと思います。
今回は、長谷川さんの経歴をご紹介します。

● 愛知県生まれ。
● 京都府立大学に入学、歴史学を専攻。
在学中の遺跡発掘作業中の陶工の手の跡の残る破片との出会いが陶芸の世界へと入るきっかけとなる。「時を超えた物作り」に心が向かうが、卒業後、作陶への思いを抱えたまま東京の民間会社に就職する。
● 有田窯業学校へ入学。有田の陶芸家花田和彦氏に指事。
1999年 寄居町で独立開窯。
2002年 ときがわ町に移窯。
以後、都内で陶芸教室を主宰しつつ、個展活動を行う。
3年前からは作家活動に専念し、「ギャラリーううふ」で3年連続の個展、国立の「スペースYOU」、深川の「ギャラリーas」での個展の他、県内のデパート(浦和伊勢丹、所沢西武)で作品展を開催。

と、陶芸の世界に入るまでは遺跡発掘をなさっていた長谷川さん。作品にも歴史の世界を感じさせます。この「掻き落とし」のシリーズもその一つです。
a0154112_11424728.jpg

[PR]
by g-woof | 2010-03-10 11:54 | 展示案内

骨董市延長のお知らせ

「あさ香」さんの骨董市も残す所あと一日となりました。
そこで、3月2日(火)〜11日(木)まで、火、水、木の、週に3日、骨董市の雰囲気をそのまま残して、会期を延長することになりました。時間は10:30〜17:00です。
今回の展示の中から特別珍しい品物をご紹介します。

a0154112_16374462.jpg

「道恵作の茶箱セット」
江戸時代塗師道恵の一閑張の茶箱に赤絵の火入れを茶碗に見立て、桑の茶杓に金蒔絵が施されています。それぞれのお道具には網袋、茶箱には仕覆がセットされています。

a0154112_1643945.jpg

「こよりの茶籠セット」
茶籠と茶巾筒と棗と茶栓筒がこよりで出来ています。馬糞ウニを細工したお茶入れ、一閑張のお茶碗がついています。幕末の作品と思われます。

a0154112_1714832.jpg

茶道具で有名な八世白井半七作。乙御前の人形です。
[PR]
by g-woof | 2010-02-26 17:05 | 展示案内

追加のお知らせ

骨董市も二週目に入りました。
たくさんのお客様に来ていただき、少しすっきりしてきた店内。そこでお店に新しい品物を追加しました。先週に引き続き、今週も新しい宝物を探しにお出かけください。
新しく入った品物の一部をご紹介します!茶道具もたくさん入りました。

a0154112_1229356.jpg
a0154112_1235815.jpg

[PR]
by g-woof | 2010-02-23 12:29 | 展示案内

骨董市始まりました!

18日骨董市初日でした。
朝起きると外は雪。心配しましたが開店時にはお天気も回復しました!
10時の開店前からお並びいただいて、開店と同時にお客様で店内がいっぱいになりました。おかげさまでうれしい忙しさでした!
今日は二日目ですが、今日も店内はにぎやかです。
a0154112_1214883.jpg

初日店内の様子です。本当にお客様が多い時は写真を撮る時間もなく、これはちょっと一息の店内の様子です。
[PR]
by g-woof | 2010-02-19 12:03 | 展示案内

骨董市準備進んでいます

いよいよ18日から「あさ香」さんの骨董市が始まります。
今日はその展示品をちょっとだけご紹介します。
お馴染みのお茶道具。今回もいろいろ揃っています。
a0154112_1722924.jpg

小さな家具や器なども…
a0154112_1725527.jpg

今日も「あさ香」さんが荷物の追加にいらっしゃいました。
写真はごくごく一部です。続々と増えている宝物を探しに、どうぞ「ううふ」までおいでください。
楽しさいっぱいです!
[PR]
by g-woof | 2010-02-16 13:39 | 展示案内

古美術あさ香の骨董市ー準備

今年も「あさ香」さんが、京都から仕入れた荷物が続々入ってきています。
仕入れに行った日、大雪、大荒れの天気予報。心配しておりましたが、京都を夜8時に出てタッチの差で巻き込まれずすんだそうです。ちょっと時間がずれたら大変なことになっていたかもしれません。朝、予定通りの時間に現れた「あさ香さん」の姿を見てほっと一安心!

a0154112_15422560.jpg

荷物を入れる「あさ香」さん。今回もたくさんの宝物がいっぱいです!
[PR]
by g-woof | 2010-01-29 15:44 | 展示案内