ブログトップ

woof の う・ふ・ふ

gwoof.exblog.jp

アジアの美しい布と衣装展のお知らせ!

「アジアの美しい布と衣装」展が以下の日程で始まります!
7月6日(火)〜10日(土)まで10:30AM〜6:00PM
「ううふ」でもおなじみの「フラド」さんの展示です。

その「フラド」さんからのお便りが届きましたのでご紹介しますね!


簡単! エレガント!
「サリー」と「パンジャビスーツ」の纏い方、ご紹介します。



今年1月、東インドのバラナシ(旧ベナレス)とコルカタ(カルカッタ)を旅しました。目的は、首都のニューデリーではあまり見られなくなった「美しいサリー姿の女性達をウォッチングすること」。ーーーーはたして、歴史の二大都市には、今でもサリーをオシャレに纏う女性が街中に多数みうけられ、次にパンジャビスーツで働く若い女性や観光客の婦人グループにも、あちこちで出会いました。

「サリー」と「パンジャビスーツ」は、インド女性の二大伝統衣装で、前者は2千年以上、後者は数百年、今もインド全土で、その纏い方それぞれに愛用されています。

本展では、インドのどの地方や民族の慣習にもとけこむ、また今の仕事や公の場に於いても通用する、「フォーマルでしかもシンプルなサリーの纏い方」をご紹介します。
また、今や世界のカジュアルウエアになった感のある「パンジャビスーツの着方」も、ご紹介します。2例共に小社(フラド)オリジナルの身に付け方です。

その「サリーの纏い方」は、アートダイジェスト刊『アジアの布を纏う』税込¥1995、に掲載。本展会場にても販売いたします。

フラド 堀田隆子


a0154112_12153194.jpgインド「コットン木版更紗 パンジャビスーツ3点セット」¥37,800(税込)
a0154112_12195926.jpg
インド「シルクタッサーシルク サリー」の纏い方をレクチャーします。サリーも多種販売します。例えば、「シルクサリー」の布で、着物・帯のセットをお仕立ていたしす。
a0154112_1221164.jpgコルカタ(旧カルカッタ)の街中を行くサリー姿の女性達
[PR]
by g-woof | 2010-06-22 12:21 | 展示案内
<< 7月スケジュール 甲斐田智子の夏の服 初日 >>